インプラントってどんな治療?

インプラントとは?

インプラントについて

インプラント治療とは?

インプラント治療とは、虫歯や歯周病、ケガなどで歯を失ってしまった場合に、 顎の骨に人工歯根(インプラント)を直接埋め込み、その上に人工歯を取り付けて歯の機能を回復する治療法です。

インプラントの素材には生体親和性の高いチタンが使用されます。
これまでのインプラントは表面が研磨してあるタイプが主流でしたが、現在では、骨との結合を促進する粗面構造を持つタイプが増えています。

また、表面にハイドロキシアパタイトをコーティングすることで、骨との早期の結合を促すタイプのものもあります。

インプラントの由来

1950年代初め、スウェーデンの科学者・ブローネマルク博士によって軽くて丈夫な金属「チタン」が骨と強く結合することが発見されました。

彼はこの現象を「オッセオインテグレーション」と命名し、これが現在のインプラント治療の基礎になっています。

インプラント治療の第一段階は、チタン製の人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込むことです。
インプラントは除々に骨と結合し、天然歯の歯根と同様に人工歯をしっかりと支えます。
人工歯の形や色は周囲の歯に合わせて作製されるため審美性にも優れています。

このように、インプラントは歯の機能と見た目を修復できる非常に優れた治療法で、現在までに世界中で多くの人々に使われています。

入れ歯・ブリッジとの違い

入れ歯

部分入れ歯は、一部の歯を失ってしまった場合に用います。
残っている天然歯に金属のバネをかけて歯の機能を補う治療法で、周囲からバネが見えてしまったり、着け心地に違和感があるのが弱点です。

総入れ歯は、すべての歯を失ってしまった場合に歯茎で人工歯を支える治療法です。
顎の骨が痩せてしまっている場合は安定性が悪く、違和感があるのがデメリットです。

しかし最近では、部分入れ歯も総入れ歯も、装着感や審美性に優れたものが登場しています。

ブリッジ

ブリッジは、失ってしまった歯を補うために両隣の歯をひと回り削って、 取り外しできない人工歯を付ける治療法です。

両隣の健康な歯を削らなければならないのが弱点ですが、自費診療のブリッジを使用することで噛む力を回復でき、 見た目も美しく仕上げることが可能です。