入れ歯・ブリッジで歯の機能を取り戻す

入れ歯・ブリッジを使った治療

インプラント治療ができないみなさまへ

インプラントは入れ歯やブリッジに比べ治療費が高く、患者さまの経済的な負担が大きくなります。
また、顎の骨の量が足りなかったり、糖尿病などの全身疾患がある場合は治療できない場合があります。

残念ながら、インプラント治療は誰にでも行える万能の治療ではありません。

しかし、インプラントだけが「噛む」「食べる」機能を取り戻す治療ではありません。
最近では非常に優れた自費治療の入れ歯やブリッジが登場しており、 治療法や素材によっては従来以上の機能を手に入れることができるのです。

当クリニックの入れ歯

金属床入れ歯

金属床義歯とは、入れ歯の床の部分が金属でできている入れ歯です。
床を金属にすることで薄くつくることができ、保険の入れ歯よりも装着時の違和感が少なく、発音しやすくなります。

ただし修理が難しく、プラスチックの入れ歯より高額です。

金属床義歯の特徴
  • 薄く作製できるため、保険の入れ歯よりも装着時の違和感が少ない
  • ぴったりと合った入れ歯をオーダーメードで作製できる
  • 食べ物の熱を伝えるため、食事の際の温度感覚が自然
  • 汚れが付きにくく清潔な口内環境を保てる
  • 割れにくく、変形しにくい
金属床義歯の注意点
  • 歯茎で入れ歯を支えるため噛む力が弱い
  • 食べ物の噛み心地が伝わりにくい
  • 修理が難しい
  • 外れやすい

マグネットデンチャー

マグネットデンチャーとは、従来の金属のバネを利用した入れ歯ではなく 磁石の力により入れ歯をぴったりと吸着させる治療法です。

磁性金属を歯根に埋め込み、超小型磁石を入れ歯に取り付けて入れ歯を安定させます。
また、インプラントと併用することも可能です。

マグネットデンチャーの特徴
  • 装着・取り外しが簡単
  • 磁石の力でぴったりと吸着するため口内で安定する
  • 従来の入れ歯のように金属のバネがないため、見た目が自然
マグネットデンチャーの注意点
  • MRI検査の際、磁力により正しい検査結果が出ないことがある
  • 歯の数によっては十分な維持力を保てないことがある

当クリニックのブリッジ治療

ブリッジとは、歯が抜けてしまった部分の両隣の歯を削って土台をつくり、 橋渡しをするように人工歯を装着して歯の機能を回復する治療法です。

橋渡しの役割から「ブリッジ」と呼ばれ、多くの歯科医院で行われているポピュラーな治療です。
失った歯の本数が少ない場合によく用いられます。

ブリッジの特徴
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 部分入れ歯に比べ安定感があり、噛む力が回復する
  • 噛む力を分散できる
  • 保険のブリッジであれば費用が安い
ブリッジの注意点
  • 支えとなる健康な歯を削るため、歯の寿命が短くなってしまう
  • 保険のブリッジの場合は、変色しない素材を使えない
  • 自費のブリッジの場合は、治療費が高くなる
  • 支えとなる歯がない場合には使うことができない